1月の挨拶

2019年01月01日

 あけましておめでとうございます。皆様お健やかに初春をお迎えになったこととお慶び申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 さて、今年はいのしし年、「己亥(つちのとい)の年」ですが、次のステージに向けた準備期間という意味合いがあるそうです。この4月には新しい元号が発表されるとのこと、まさに次へ向けて十分なエネルギーを蓄えていく、ということなのだと思います。年頭だからこそ、これまでを振り返り、さまざまな事柄を見つめ直し取捨選択することから始めることに意義があるかもしれません。いずれ果実となるその種が、愛に満ちた、より良きものに育つよう、新たな経験を積んでいきたいと思うのです。そして、子どもたち一人ひとりの種に、たっぷりの栄養が吸収されていくように、好奇心をくすぐり、探求心がゆさぶられ、思考力や表現力へとつながる環境を今年もつくって参りたいと存じます。

 全教職員とご家族の皆様と心を合わせ、笑顔の2019年のスタートです。